メニュー

予防接種(新型コロナウイルスワクチン)

新型コロナウイルスワクチン仮予約 (ファイザー社製)

まずはお電話を 058-272-9300(内線③を押してください)

※音声案内では「医療関係・行政関係」とアナウンスされます
担当スタッフが状況(疾患や過敏症エピソード)をお伺いします。コロナワクチンはインフルエンザワクチンよりアナフィラキシーショック発生率が高い(100万人あたり 81人vs 1.4人)ため、医療安全上の患者申告義務として協力お願いします。

※代理人仮予約は不可です。必ず本人が電話して下さい。(未成年は除く)
※直接来院での予約は不可です。

薬物療法中の方は薬剤情報(お薬手帳など)がわかる状態でお電話ください。
(場合によっては薬剤情報の(お薬手帳など)の写真をメールして頂きます)
メールアドレス:abc2021gifu@gmail.com

電話受付日時

9/24 9:30 ~ 12:00

  ※氏名、生年月日、ご連絡先、既往歴等お伺いしてご予約します。
 全ての聞き取りをしていない場合はご予約できません。
 情報が不明、途中で電話が切れた等、改めてご連絡をお願いします。

    岐阜市からのワクチン配給数が決定次第、掲示するシステムします。
 順番に繋がります。ただし、1回線で対応なので、時間をあけておかけください。
 ※自動音声③以外にかけても無駄です。 
 ※直接来院されても無駄です。
 

以下のすべての条件を満たす方が対象です

①以下の接種スケジュールに来院できる   

1回目    9/28(火)  13:00 →  2回目   10/19(火) 14:30 1枠

1回目    10/5(火)  13:00 →  2回目   10/26(火) 14:30 1枠

1回目    10/8(金)  13:45 →  2回目   10/29(金) 15:00

1回目    10/8(金)  19:15 →  2回目   10/29(金) 19:15

  • ただし、ワクチン配給状況などで、変動します。

 

※一度仮予約したスケジュールはキャンセルや日程変更はできません。

※必ず接種予定日5日前までに、正式予約登録のために接種券健康保険証持参の上、来院して下さい。

  • 正式予約登録後、予約券をお渡しします。
    • 正式登録をしておくと、当日の院内滞在時間が20−30分となり、院内感染リスクが小さくなります。  
②接種日に岐阜市住民登録がある(ただし当院定期受診の方を除く)
③自治体発行の接種券をお持ちの方(職域接種券は対応できません)
④他医で接種リスクを指摘されていない

※担当医から接種してもよいと言われている方
※正確な病名申告が必要です
※特に注意すべき薬物

⑤重度な過敏症エピソードがない
  • 薬(鎮痛剤・抗生物質・造影剤・貼付剤など)
  • 食品(そば・小麦・卵・エビ・カニ・果物など)
  • ペット・環境(ハウスダスト・ダニ・カビ・ハチ・昆虫・花粉など)
  • 金属・ラテックス
  • 化粧品
  • 大腸検査時の下剤
    (ポリエチレングリコール(PEG)やポリソルベートがワクチンに含まれているため)
    コロナワクチンの添加物
  • 採血や注射時のアルコール過敏

※接種リスク管理上、当院での接種が不適当と判断した場合、岐阜市保健所に連絡します。そして保健所からの紹介で、二次予防接種医療機関(大学病院、総合医療センター、市民病院、赤十字病院など)での接種となります。
岐阜市以外の方は各自治体にご相談ください。

⑥自治体からのワクチンに関する説明資料を熟読し、理解している

関連サイト

 

☆接種当日の注意事項

◎1グループ12−18人/30-40分入れ替えの集団接種です。
◎感染防止と円滑な接種実施にご協力ください。
◎円滑に進めば、院内滞在時間20-30分で、院内感染リスクが小さくなります。

 

持ち物

    • 当院発行予約券
    • 市町村発行の接種券
       ・持参ないと接種不可!!(適正接種実施のため)
       ・職域接種券は無効です。

    • 問診票
       ・記載もれがないようにしてください。
       ・体温は当院で測定します。
         ※「今日の接種を申し込みます」 日付、署名 を確実に

    • 健康保険証

 

服装

    • 肩の上部がすぐ出せること
       長袖、上着 →  Tシャツなど
      ・ショック発生時に点滴ルート確保のやりやすさにも関係します。

 

接種の流れ

  1. 入館
     ・玄関先スタッフ、受付スタッフの指示に従って
       ※早く来院されても入館不可
     ・接種本人のみ入館(最小限の付添)
     ・玄関先の書類「接種後の注意事項」を取る

  2. 着席
     ・渡された番号札の椅子に
     ・書類「接種後の注意事項」を読む

  3. 受付
     ・番号を呼ばれたら、受付へ
      →持参物(予約券、接種券、問診票、健康保険証)を提出

  4. 検温
     ・担当スタッフが検温、問診票を確認

  5. 医師問診
     ・接種に関するご不明、不安時は早めに申告を

  6. 接種
     ・接種する腕の右、左を決めて肩まで露出
       (利き腕でない方をおすすめします)

  7. 安静保持
     ・15〜30分

  8. 終了受付
     ・接種証明書など受け取り→速やかに退去

 

接種予定時刻から遅れた場合

  ・来院指定時刻10分経過で、未来院時は電話します。
    ※10コール以内に出ないとキャンセルとなります。
  ・時間経たワクチンは失効するため接種する意義はありません。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME